お腹を痩せる方法とは?【お腹痩せのメニューをご紹介!】

お腹を痩せる方法にはどんな方法があるのでしょうか?何をやってもお腹が痩せなかった方も多いですよね。そんな方のために痩せる方法をご紹介しましょう。お腹が痩せなくて困っていた方は、お腹を痩せる方法をご参考にしてみてください。

 

【お腹痩せの短期間メニューをご紹介!】
お腹を出す機会があるから短期間でなんとかお腹をやせたいという方も多いですよね。短期間でお腹を痩せる方法をご紹介しましょう。

 

1週間という短期間でお腹周りを痩せさせる方法をご紹介しましょう。短期間で痩せるには、脂肪を燃焼させるよりも、お腹のむくみをとったり、姿勢を改善するのがおすすめです。

 

まず、ねじりの運動をしましょう。お腹の筋肉というのは、縦の動きよりも、ねじりを加えた動きの方がよりたくさんの筋肉を使用することができるのでおすすめです。たくさんの筋肉を動かすことによって、お腹のむくみを改善してくれます。

 

仰向けに寝て、右脚の膝、股関節を90度に曲げて、左手を耳に当てましょう。左肘と右膝でタッチをしてお腹を捻りましょう。しっかりと息を吐いて、お腹を凹ませましょう。元の姿勢に戻ります。これを左右10回を3セットしましょう。

 

次に、身体の歪みを治します。筋肉が固まると、姿勢が悪くなり、身体が歪みます。背中が丸い猫背だと、お腹が圧迫されて、脂肪が寄り、お腹がぽっこりとしてしまいます。

 

ストレッチで身体の歪みを改善して、代謝アップの効果もあり、脂肪燃焼されるのです。

 

お腹をマッサージすることで、血流が改善して、お腹周辺の筋肉をほぐして、お腹を痩せさせることができます。

 

むくみや便秘を解消して、便の流れがスムーズになり、ぽっこりとしたお腹が解消できます。

 

肋骨から骨盤までお腹を縦横3つずつ、9箇所に分けて、両手に指を添えて円を描くように優しく押します。1箇所10秒くらいを2周、ゆっくりと呼吸をしながらやりましょう。

 

【お腹痩せの1ヶ月メニューをご紹介!】
1ヶ月でお腹の周りを改善するために、運動と食事の両方からアプローチをすることが重要です。

 

ウォーキングやランニングをしましょう。毎日ランニングを30分続けると、体重を1キロ落とすことができます。他の運動をプラスしたり、食事制限を行うと、更に脂肪を落とすことができます。

 

有酸素運動を30分以上行いましょう。30分以上運動をすると、体内の脂肪を分解して、それをエネルギーにします。30分以内で運動が終わってしまうと、脂肪が分解されません。ゆっくりと30分以上ウォーキングやランギングを行いましょう。

 

長すぎる運動は逆効果です。運動の負荷が高すぎると内臓が疲労してしまい、代謝がダウンしてしまいます。つらくない程度で30分から1時間の運動をしましょう。

 

ウォーキングの場合には、ランニングと比べて負荷が小さいので、姿勢を良くして大股で歩き、腕を大きく動かしましょう。

 

摂取するカロリーを抑えて食事制限でお腹痩せをしましょう。また、毎日腹筋をしてお腹の周辺に刺激をいれましょう。