抗アレルギー薬で症状を緩和する際の副作用

花粉症の症状を抑制する際に病院に行って医師に処方してもらった薬を飲む方もいると思いますが、その際に生活に影響が出てしまう副作用のある薬の場合もあります。どういった副作用があるのかというと、激しい眠気によって集中力が欠けてしまう、口内や鼻内が乾燥してしまって気になる、気分が悪くなるということがあり、さらにお酒の席があると飲めないという悩みを持っている方もいます。

 

状況に応じてこの副作用がかなり辛い状況を引き起こしてしまう可能性があります。では、副作用の出やすい薬というのをご存知でしょうか。基本的に花粉症の薬というのは、大きく2つに分けられています。

 

1つは昔から使われている第一世代抗ヒスタミン薬。ヒスタミンやロイコトリエンなどの物質が含まれている薬です。もう1つが第二世代抗ヒスタミン薬。第一世代の効果にプラスした効果があり、さらに第二世代は副作用が少ないといわれています。もちろん、全く副作用がないということではありませんし、副作用も個人差があるということは理解しておきましょう。

 

ちなみに、アレルギーの症状を抑制する強い薬も存在していますが、そういった薬はどうしても副作用も強くなってしまいますし、免疫力やホルモンバランスにも影響してきますので、長期間の使用はオススメできません。

 

また、薬についてある程度理解して、これから使用したいと思っている方も多いとは思いますが、妊娠中や授乳中の方の使用は出来ませんので気をつけておきましょう。妊娠中や授乳中の方は医師と相談した上でサプリメントを使用することをオススメします。