二日酔い予防サプリランキング

二日酔いになる原因

 

自分のアルコールの分解能力を超えて酒をのみ、翌日まで具合が悪くなることを二日酔いといいます。許容量を超えたアルコールは、次の日まで体の中に留まるか、または分解の途中で作られるアセトアルデヒドが留まって、それらが様々は不具合を起し具合が悪くなるのです。

 

体内にアルコールが入ると利尿作用を起すため、水分が不足することになります。脱水状態を起こすと脳が縮む症状が出るので、二日酔いになると激しい頭痛がおこります。また、水を飲むと尿も増えるため、たくさんの成分が排尿時に体外に排出されます。

 

排出される成分は、マグネシウムやカルシウム、亜鉛などですが、これらは体の調子を整える働きがあるので、倦怠感や脱力感に繋がってしまいます。また、体内に残されるアセトアルデヒドは体液のバランスを悪くし、血糖値の低下など悪影響を与えます。

 

胃腸の具合が悪くなる人や、冷や汗が出たり、かすみ目が起こったり、一口に二日酔いといっても様々な症状があります。アルコールの分解は、肝臓でしかできません。ですから、二日酔いの予防も改善も、肝臓に頼るしかないのです。

 

とは言っても、二日酔いそのもののメカニズムはまだ解明は終わっていません。これから新たしい発見がもたらせるかもしれません。

 

二日酔いはどれくらい続く?

 

二日酔いは、どれくらいの時間続くのかは人それぞれで違います。その人の肝臓の持つ力、つまりアルコールを分解する能力によって差があるのです。アルコールの分解能力だけに絞ってみると、日本人の肝臓は決して優秀とはいえません。日本人は、二日酔いにかかりやすい人種ではないでしょうか。

 

二日酔いになるのかならないのか、なった場合はどれくらいの時間続くのかを公式を使って求めることができます。酔いが醒めるまでの時間を、算出する数式です。計算には自分の体重、アルコール度数、アルコールの量を当てはめていきます。

 

計算すると、何時間でアルコールが体外に出ていくのかを求めることができます。逆算すれば、二日酔いをおこさない飲酒量も分かります。計算値は、あくまでも目安です。しかし、目安になる時間が把握できると翌日の行動に配慮することができます。

 

計算の答えには関係なく、飲むと二日酔いになるということは、体内のアルコールがすべて分解されて体外に排出されるまでには、かなりの時間がかかると考えましょう。一般的には、3時間くらいで大丈夫と思っている人が多いと思います。しかし、実際には7〜8時間、もしくは10時間以上かかることも在り得るのです。

 

翌日に影響を残さないように、二日酔いにならない飲み方を心得ておきましょう。